表参道bar & curry noi(バーアンドカリーノイ):Blog

元“出張バーテンダー”・現“ギネス番長”のお酒Blog

「第15回ギネスイベント」もまた素敵な夜でした

先日恒例のギネスイベント『ギネスビールにシャムロックを描いてみよう』を開催しました

(イベントの内容についてはこちらをご覧ください)

2009年6月の初開催からもう15回目
区切りというわけではありませんが、今回は特別ゲストをお招きしました
キリンディアジオ社よりギネスクオリティチーム・マネージャーの鈴木雅也さんです

鈴木さんは“日本のギネスビール界の重鎮”ともいえる方(大げさですかね笑)
以前はお店が樽詰ギネスを導入するとき、店長クラスのスタッフがディアジオ社に行って鈴木さんからギネスの歴史や樽詰ギネスを取り扱うときの注意点、そして注ぎ方などをレクチャーされたものでした
ボクも初めて樽詰ギネスを導入した7年前と【Bar noi】オープン時の4年前の2度ほど、鈴木さんからご指導いただきました

蒸し暑い渋谷の街を抜け、続々と集まるギネスマニアたち
キリンディアジオ社からも鈴木さん含め3名参加いただきました

開始の合図の乾杯の後、早速特別ゲストのキリンディアジオ社・鈴木さんにマイクをお渡ししました

guinnesstalk.jpg

鈴木さんによる“ここでしか聞けないギネス談義”
今回の内容は
『ギネス・ディスペンスシステム(ビアサーバー)の歴史について』

今では世界中で当たり前のように飲めるようになった樽詰ギネス
あのクリーミーな泡はどのような経緯で誕生して、どのような現在のスタイルになったのか
店内の大画面スクリーンを使って詳しく講義していただきました

guinness03.jpg

みなさん、食い入るように聞いています
歴史の一部を耳にして、より一層ギネスが好きになったことでしょう

guinness01.jpg

せっかくなので、鈴木さんには「ギネスの注ぎ方講座」もしていただきました
ギネスのクオリティマネージャーに注ぎ方を教わるなんて、贅沢ですね~

その後、“ギネス番長”こと店長・トモイによる「シャムロックの描き方講座」を経て
さぁ、いざ実践!

guinnessso01.jpg

guinnessso11.jpg

guinnessso12.jpg

初参戦の方々
はじめて触るギネスサーバーを前に奮闘しています

guinnessso31.jpg

guinnessso32.jpg

guinnessso36.jpg

こちらは何度も参加されているベテラン組
さすがに慣れた手つきですね

guinnessserving.jpg

次々と注がれるギネス
いい眺めです

guinnessso03.jpg

guinnessso41.jpg

guinnessso51.jpg

じゃんじゃん注いでいきましょう

guinnessso33.jpg

はるばる大阪からの参加者もいました

guinnessso35.jpg

注ぎ過ぎてこぼれてしまうのも毎回恒例ですね
もったいないので飲んじゃいましょう

「ギネスグッズ争奪じゃんけん大会」ももちろんありました
今回はキリンディアジオさんから「ギネスポロシャツ」「ギネスピンバッチ」「韓流ギネスポスター」などを賞品として提供いただきました

guinnessjanken.jpg

いざ、じゃんけん
アツい瞬間です

guinnessshirts.jpg

guinnessgoods.jpg

勝利者たち
ナイスな笑顔です

guinnessglass.jpg

今回も本当に素敵なイベントになりました

参加者の皆さん、お疲れさまでした

guinnessall.jpg

◆次回日程のお知らせ◆

『第16回 GUINNESSビールにシャムロックを描いてみよう』
日時 2011年8月20日 (土) 18時~22時

参加ご希望の方は、電話またはメール(tomoi*bar-noi.com。「*」を「@」に置き換えて下さい)にてお問い合わせください

“渋谷・円山町の裏通りにあるギネスとハーブリキュールとカレーのおいしいお店”【Bar noi(バーノイ)】のホームページはこちら

【Bar noi(バーノイ)】twitterアカウントはこちら

【ギネス番長】twitterアカウントはこちら

【Bar noi(バーノイ)】mixiコミュニティはこちら

Bar NOI バーノイ

Comments are closed.