表参道bar & curry noi(バーアンドカリーノイ):Blog

元“出張バーテンダー”・現“ギネス番長”のお酒Blog

『アーサー・ギネスからの招待状 ~ギネス料理とPUB音楽ライブと第41回ギネスビールにシャムロックを描いてみよう~』

ギネスの創設者アーサー・ギネス、彼がこの世に生を受けてもうすぐ291年となります。
私たちが今こうして“ギネスがある幸せな日常”を過ごせるのはアーサーのおかげ。
感謝の気持ちを込めて、更にDEEPにギネスを楽しもうじゃありませんか!!

というわけで、10/1(土)にGUINNESSファンの為の愉快なパーティーを開催します。

①GUINNESSを自分で注ぎ、あのクリーミーな泡に鮮やかにシャムロックを描く。
②完成したPERFECT PINT GUINNESSを片手に、「アイリッシュムール貝のギネスクリームソース煮」や「牛バラギネスカレー」などのGUINNESS料理でお腹を満たす。
③そしてGUINNESSに合うPUB音楽の生演奏を堪能する。

アーサー・ギネスが生きていたら震えて喜ぶようなこんな贅沢な時間をお過ごしください。
ご予約お待ちしてます!

※イベント概要は以下をご参照ください。
※イベント参加ご希望の方はフェイスブックのイベントページやお電話(03-6427-2881)、メール(info @bar-noi.com)にてご予約下さい。

artguinness.jpg

『アーサー・ギネスからの招待状 ~ギネス料理とPUB音楽ライブと第41回ギネスビールにシャムロックを描いてみよう~』

◆日時◆
2016年10月1日 (土) 17時~21時
◆場所◆
表参道bar & curry noi
◆定員◆
21名
◆参加費◆
〈ギネス料理ブッフェ+ギネス2PINT〉 4,000円
〈ギネス3PINT〉 3,500円

※PUB音楽ライブは投げ銭ライブとなります。ご協力お願いします。

●当日のタイムスケジュール●
16:50~
【受付開始】
→コースに応じた枚数のドリンクチケットをお渡します
受付終了後、一杯目のギネスをご提供します(一杯目はスタッフが注ぎます)

17:00~
【イベントスタート】
→スタートの合図としてみんなで乾杯しましょう

【ギネスの注ぎ方・シャムロックの描き方 説明編】
→まずはギネス注ぎ方、及び泡にシャムロックを描く方法をお教えします
一杯目のギネスを飲みながらイメージトレーニングしてください

【ギネスの注ぎ方・シャムロックの描き方 実践編】
→ギネスサーバーの周りに集合していただき、実際に注ぎながらもう一度詳しく説明します
そしていよいよ実践
グラスが空いたら、二杯目以降をご自身で注いでください

17:45頃~
【ギネス料理提供スタート】
→6~7種(予定)のギネス料理をブッフェスタイルでお楽しみください

17:59~
【PUB音楽LIVE! 第1部】

19:00~
【PUB音楽LIVE! 第2部】

※ドリンクチケット終了後も別清算にてギネス注ぎをお楽しみいただけます。
ギネス料理をつまみながら、PUB音楽の生演奏を聴きながら、思う存分アーサーギネスが残したギネスをご堪能下さい。

◆FOOD MENU 例
「特製ビーフインギネス」
「ギネスブレッド スモークサーモン乗せ」
「アイリッシュムール貝のギネスクリームソース煮」
「ギネスチーズスプレッド & ギネスレバーパテ」
「牛バラギネスカレー」  など
※変更になる場合があります

◆バンドプロフィール

12924475_10201671010692838_8939025359968412131_n.jpg

「ギネスバンド」
名著『ギネスの哲学』(英治出版刊)出版を記念して結成し、
新宿ベルクのイベント後に8時間居座って構内でも弾いたという伝説のバンド。
もちろん皆ギネス好き。ギネスが進むアイリッシュのダンスチューンをモリモリ演奏します。

西村玲子(フィドル)
内野貴文(イーリアンパイプス、ティンホイッスル)
下田理(ギター)

14089256_10202188493789592_3550296288895779214_n.jpg
「沼下 麻莉香」
幼い頃からヴァイオリンを学び、
クラシック音楽に散りばめられたヨーロッパの伝統音楽に心惹かれる。
大学入学後にアイルランド音楽に出会い、フィドルを始める。
現在は、東京近郊を中心に各所でのライヴに参加。
また、Toyota Ceili Bandメンバーとして、
アイリッシュセットダンスのイベントでも演奏を行っている。

“表参道のギネスとハーブリキュールとカレーのおいしいお店”【bar & curry noi(バーアンドカリーノイ)】のホームページはこちら

【bar & curry noi(バーアンドカリーノイ)】twitterアカウントはこちら

【ギネス番長】twitterアカウントはこちら

Bar NOI バーノイ

Comments are closed.