表参道bar & curry noi(バーアンドカリーノイ):Blog

元“出張バーテンダー”・現“ギネス番長”のお酒Blog

アンゴスチュラビターズと「東京(とうきょう)」

今回の新作シリーズの中で見た目がとびっきりお洒落なカクテルを紹介します
まずは使用している薬草リキュールから

angos.jpg

『アンゴスチュラ ビターズ』
トリニダードトバコ産
アルコール度数 44°

1824年にフランス人の軍医・シーガードが南米のベネズエラ・アンゴスチュラ町の病院で軍人の為の健胃強壮剤として造ったのがのが起源
ラムをベースにアンゴスチュラ樹皮やリンドウの一種のゲンチアナなどを配合した苦みの効いたボトルです
ひっくり返しても1,2滴しかこぼれてこないボトル口の構造になっていて、カクテルにはアクセントとして使います
大きさは手のひら大で、カウンターでお客さんに「それ何?」っと聞かれるのが一番多いリキュールです

トリニダードトバコから来たこのボトルを使って、こんなカクテルを作ってみました

tokyo.jpg

【東京 TOKYO】〈“香る”カクテル〉
例えば「マンハッタン」とか「YOKOHAMA」など、スタンダードカクテルに地名から生まれたものがいくつかありますが
自分でも地名カクテルをつくってみたいと思っていました
記念すべき第一弾はやっぱり「東京」
イメージは“東京のミッドナイトに遊ぶ”かんじ
ベースはジンじゃなくライトラムをセレクト
「アナナスガルーダ」というブラックパイナップルリキュールを使って洗練された見た目をつくり
シャルトリューズの後にアンゴスチュラビターズを二振り

パインとラムの甘みとハーブの苦み
またクセになるカクテルができましたね

いろんな国のひとに飲んでもらいたい一杯ですね

“渋谷・道玄坂の裏通りにあるギネスとハーブのお酒とカレーがおいしいお店”【Bar noi(バーノイ)】のホームページはこちら

No comments yet. Be the first.

Leave a reply

  boinkme